■ 顔のゆがみの原因になる顎ずれ

頭の骨の中で表面に出ているのは8個ですから、例えば頬骨の出っ張りが顔の幅を広くしていたりとか、下顎骨の横方向へのズレが顎のえらのはりとなったりしているのです。

顔のゆがみは、頭のゆがみが根本の原因です。
15種23個の頭蓋骨の歪み解消が、顔のゆがみ矯正につながります。

15種23個の頭蓋骨の全てが位置異常を起こした結果として、表面に出ている8個の頭の骨のゆがみが顔のゆがみとなっているのです。

23個の頭の骨の全てがうまく噛み合っていない歯車のような状態になっているのです。

顔のゆがみの改善のためには、23個の頭の骨の全部が正確に噛み合うように頭蓋骨全体が矯正されることが必要です。

顔のたるみや顔のこわばり解消も含めたトータルな意味での顔面矯正にはすべての条件を全うしなければなりません。


■ 顔のゆがみ矯正の大切なポイント

ゆがんでいる部位である、頭蓋骨や顔面に手で触れて矯正する方法は、対症療法です。

施術者の学んだ知識や技術を患者さんの生体に押し付けているだけで、真の顔のゆがみ改善には至る方法ではありません。

それらの対症療法は、体に害を及ぼす副作用の可能性も潜んでいます。

真の顔のゆがみ改善は、脳からの正しい指令により23個の頭の骨の全てがうまく噛み合うように自然に正しい位置へ矯正されるのが、上部頸椎カイロプラクティックの仕組みです。

脳からの指令は間違った指令を届けることはなく、安心且つ安全に体調不良までも整い、元気を取り戻し健康体になれるということの実現を助けます。

頭蓋骨の分解図と気になる顔のゆがみ部位についてのイラストをページ右側に掲載しましたので、参考にしていただければ幸いです。


◎ 顔のゆがみの原因になる、頭蓋骨のパーツ

◆ 頭蓋骨の歪みが、顔のゆがみ(正面)となる現象

◇ 前頭骨: 額の横じわが偏り平行に並びにくい。眉毛を上げにくい。 額のふくらみ。

◇ 頭頂骨(左右): 左右の頭頂骨の矢状縫合の隙間が大きく開いていると、顔の幅が広がり小顔とは反対の方向に向かう。

◇ 側頭骨(左右): 側頭筋膜を介して、側頭筋の緊張を起こして唇のゆがみや、 顎関節症顎関節雑音開口障害を発症しやすい。   

◇ 鼻骨(左右): 鼻炎や花粉症、鼻のゆがみや鼻づまりになる。

◇ 頬骨(左右): 頬骨が外に出っ張っていれば、顔の幅が広く見える。

◇ 蝶形骨: 眼の大きさが左右ふぞろいになり、眼の膨らみや奥眼になりやすい。 眼精疲労こめかみ痛を発症することもある。 

◇ 上顎骨(左右): 唇のゆがみや人中のゆがみを招き、ほうれい線の深さと角度にも左右差が起きる。

◇ 下顎骨: 下唇のゆがみが起き、唇が傾き分厚くなる。 めまい耳鳴りが出やすい。

◆ 側面からの頭蓋骨

◇ 頭頂骨(左右)

◇ 前頭骨         

◇ 側頭骨(左右) 

◇ 後頭骨: 後頭部頭痛首の緊張を招き、顎が上がって前方へ突き出ることもある。

蝶形骨    

◇ 頬骨(左右)   

◇ 鼻骨(左右)   

◇ 上顎骨(左右)

◇ 下顎骨

上部頸椎カイロプラクティックで顔のゆがみ、表情筋のこわばりや顔のたるみを改善しましょう!

顎ずれと顔のゆがみ | 整体 トップへ戻る →

 
     
 
顔のゆがみの原因になる、頭蓋骨のゆがみ
頭蓋骨の分解図と顔のゆがみ