■ 体のむくみにつながりやすい飲食物

顎関節症が良くなり唾液の分泌が正常に近づくほどに、消化吸収のメカニズムも正しくなり、むくみも並行して改善されるという確証を臨床経験から得ておりました。

上部頚椎カイロプラクティックの自然治癒力・整体作用により慢性的なむくみが解消されます。

普段の食生活上においてのむくみ改善の注意も必要ではないかとある時に気が付きました。

それからは地道な作業なのですが、ご来院の患者さんに1~2週間の一定期間において一品目ずつ疑わしい飲み物を飲まないように遮断して、体のむくみの変化を観察してみました。

まずはミネラルウォーターの中では硬水系は体のむくみが起きて全てダメでしたし、硬度の高い硬水を常用していた方の血液検査で血中のカルシウム濃度が異常に上昇していたというケースも途中でありました。

◎ 酸化防止を施していると思われる飲み物

◇ 缶コーヒー

◇ ペットボトル飲料(ウーロン茶・紅茶・緑茶)

◇ インスタントコーヒー 

◇ 搾りたて出ないジュース(野菜ジュースも含む)

※ 淹れたて、あるいは搾りたてのものでないと、コーヒー・お茶類やジュースやは酸化しますから、添加物が災いしているのだと想像しています。


◎ 金属が溶解していると思われる飲み物や器具を使用

◇ 缶ビール(アルミ缶)

◇ 銀コーティング中空糸膜や抗菌(銀)活性炭を使用した浄水器

◇ アルミ製のやかん・鍋

◇ 給湯器・給茶器・湯沸かし機

◇ 湯沸かしポットの一部の製品

◇ 整水器(イオン水)

※ アルミはアルツハイマー病の原因になるとの説もあり、特に缶ビールはアルミと接触している時間が長いため常飲していると体にむくみは顕著に現れやすいようです。

雑菌繁殖防止のために使用している浄水器に使われている銀も人にとっても毒です。

調理も含めて1日あたり浄水器を介しての水の摂取量も多くなりますから、むくみの大きな原因になります。


◎ 健康志向で摂取しているもの

◇ 豆乳

◇ 牛乳

◇ ヨーグルト

サプリメント

◇ 野菜の取り過ぎ

◇ 塩分不足

◇ ハーブティーなどの特殊なお茶

※ 野菜の取り過ぎもむくみを招き、特にアクの強い野菜には注すべきですし、子供が嫌う野菜を多く摂ってはいけないのです。

※ 絶対量が足りないと生きていく上で必要不可欠なものの塩分不足です。 高血圧の方のためにとかで育った家庭が薄味で、その味覚のままを引き継いで塩分不足になりがちという方が時折いらっしゃいますが、塩分不足は体のむくみを招きます。

生姜・にんにく等の刺激が強い物の摂り過ぎも、むくみにつながります。

◎ おやつ類

◇ チョコレート

◇ きな粉

※ 昔のチョコレートは暑い日は溶けてしまいましたし、古くなると白い粉が吹いていましたが、最近はそのようなことはないということは、何らかの添加物が使用されていてそれが体のむくみと顔に吹き出物が出て来る原因だと思っています。

ロシアの土産としていただいたチョコレートをスタッフと供にたくさん食べましたが、3人ともむくみも吹き出物も出なかったですが、このことから国産のチョコレートはむくみにつながりやすいという結論です。

※ きな粉や豆乳も、体のむくみとなって現れますが、頬にうっすらと赤みが帯びることも多いのですが、輸入大豆の遺伝子組み換えが作用しているか、大豆アレルギーの一貫としてむくみが生じるのではないかと考えております。

体のむくみを伴ったり、顔に独特の赤みを帯びるような飲食物を摂取し続けると体のためには良くはないことになります。

※ どの飲食物が自分自身に合わなくてむくんでいるのかを確かめて、そしてそれを認識して永続的に摂取しないようにするためには、けっして一度に複数の物を止めるということはせずに、一品目ずつ休止して、ご自身のむくみの加減を確認して下さい。

ご自身ではっきりと自覚して、むくみの生じる飲食物を自らすすんで摂らないようにすることを持続することができると、さらなる健康増進に役立つことになるでしょう。

むくみの原因になる食物 | 整体 トップへ戻る →

体に悪い、むくみの原因となる飲食物に注意!

 
     
 
唾液腺に関連する三叉神経
唾液腺を現わしたイラスト
舌と4種の味覚
ゆがんでいる唇