上部頚椎の矯正と顔のゆがみ改善

自然現象としての修復を促す上部頚椎矯正は、傷が修復してゆくのと同様に意識ではとらえにくく、修復してゆく現象に対して実感が湧かない場合が多いのです。

どなたにも、あるいはどのような辛い症状改善に対しても共通していることは、良くなればなるほど体のゆがみが改善されてまいりますから、施術前と施術後のゆがみの差を目で見て、あるいは動作において確認していただきたいと思います。

自然修復の現象は、意識では捉え難く傷が修復してゆくのと同じ感覚になりますから、体のゆがみ改善の差を見比べたり、動作確認による関節の可動域の差など、施術前後での差がわかりやすいことで確認していただければ、快方に向かっていることの確信につながることになります。

この自然修復の現象は、ごく当たり前の状態に戻ることだけであって、特別なことではありませんから、振り返ってみてはじめてその変化に気づかれることでしょう。

ただし、体のゆがみ矯正のみが目的ではありませんし、体のゆがみ矯正は体が快方に向かう時に起きる一つの現象にしか過ぎません。

上部頚椎の矯正後は、脊髄神経への神経圧迫が緩和されて脳への情報伝達と脳からの指令が充分に行き届くことになることにより全身に変化が表れ始め、矯正後の状態を継続することで体調が整ってまいります。

真の目的は本来の健康を取り戻すことにあり、 体調不良が改善されてゆくたびに体のゆがみが改善されるという法則を確認していただいています。顔のゆがみ輪郭矯正は、施術によって起こる全身への変化のほんの一部としてなされます。

自然修復力の働きで、顔のゆがみが自然に改善されます。

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)