■ 辛い顎関節症と咀嚼筋 (そしゃくきん)

食物をかむ時に働く筋肉を、咀嚼筋と呼んでいます。

咀嚼筋の協調作用で顎関節の動きがなりたっています。
咀嚼筋の働きの不均衡は、頭蓋骨のゆがみが原因です。

「15種23個の頭蓋骨の全てが、顎の動きに関わっている」と申し上げても過言ではありません。


■ 顎ずれは唇を見ればわかります。

頭蓋骨の歪みがあると顔のゆがみも伴っています。
顔のゆがみがあって唇が歪んでいると、顎のずれも伴っているはずです。

頭蓋骨のゆがみが大きくなっているほど体のゆがみも増大して、辛い自覚症状も全身に及び様々な体調不良に苛まれていることでしょう。


◎ 顎関節症と並行して現れやすい自覚症状

噛合わせ異常: 顎に負担をかける、食いしばりや噛みしめるくせ、歯ぎしりも併発する。

眩暈(めまい)耳鳴り

◇ 肩こり

腰痛坐骨神経痛

唾液欠乏症(口内乾燥症)

頭痛(偏頭痛こめかみ痛後頭部頭痛眼の奥の痛み)

眼精疲労

不眠症 (睡眠障害)


◎ 咀嚼筋の種類と作用-三叉神経(下顎神経)支配

※ 右側イラストを、ご参照ください。

◇ 側頭筋       下顎骨を持ち上げ、後方に引き噛みしめる筋肉

◇ 咬筋        顎を持ち上げ、歯を食いしばる筋肉

◇ 内側翼突筋    奥歯で食物をすり潰す運動をする筋肉

◇ 外側翼突筋    顎を前に突き出したり食物をすり潰す運動をする筋肉


■ 顎ずれ 顎関節症の原因

顎のずれは、噛合せをくるわせます。上下の歯が正しく噛み合わない状態だと、偏った噛み癖になってしまうのです。

片噛みを続けているうちに、深刻な顎関節症になって、顎関節痛(顎の痛み)・顎がカクカクする顎関節雑音などに苦しんでしまうこともあります。

このように顎のゆがみは唇のゆがみや顎関節症だけではなく、体の内面に対しても悪影響を及ぼします。
首こり肩こり症状や腰痛症状などの、全身への負の連鎖につながります。


■ 首の一点矯正が顎関節症に対応

顎関節症は放置してはおけない問題です。
しかし、ゆがんでいる顎の骨や頭蓋骨を矯正するだけの対症療法では、根本解決には至りません。

歩き方姿勢が偏っていると骨盤も歪み顎ずれも発症します。
顎関節だけが悪いのではなく、全身がつながって機能しているのが人体の構造です。

そのため体のゆがみ全体がよくならないと、あごが痛い顎関節症の根本的な改善にはいたりません。

上部頚椎一箇所の矯正後、顎のずれも含めた23個の骨の集まりである頭蓋骨のゆがみも、脳からの指令により自然に矯正されます。

顎痛みと咀嚼筋 | 整体 トップへ戻る →

咀嚼筋が衰えると、顎関節症の原因になります。
 
   
 
側頭筋の分かりやすい、イラスト
咬筋の分かりやすい、イラスト
内側翼突筋の分かりやすい、イラスト
外側翼突筋の分かりやすい、イラスト