自然修復力のみが真の修復に導けるのです。

近年の現代医学の目覚ましい進歩を遂げつつあり、例えば再生医療や遺伝子治療はなどにおいての進歩には目を見張るものがあります。

CTやMRIなどの画像診断や血液検査などによる病気の診断法もますます進歩し続けています。。

しかしそれら先端技術で対処しても、精密な人体の一部のメカニズムしか解明されていないのが現状で、新型インフルエンザひとつにおいても満足のいく修復に導けていないと言えます。

怪我や病気になった時に病院に行って薬や医師の力に頼らなくても、安静にして時間の経過とともに快方に向かったことを誰でも経験しているはずです。

病気になっても自分自身を自然に修復できる働きが私たちには備わっていて、基礎体力が旺盛であれば免疫力が高まり、生体の生命力により病気を克服できるのです。

薬や医師、病院、医学ではなく、命を維持しているのは、自身の自然修復力、生命力そのものなのです。

健康を蝕む要因が増加の一途をたどる現代社会では健康不安も増大していく一方です。

「健康管理は、他力本願ではなく自己責任」の時代であり、「自分の健康は、自分で守る」のが賢明ではないでしょうか ?

自らに備わった自然修復力の働きを導き、そして高める上部頚椎への矯正は、様々な視点から見ても理に適っており、生命を養っていくのに最も適した施術なのです。

十全治療院では、症状や病状により施術方法を変えることはなく、辛さや症状が出ている部位への施術(対症療法)は一切いたしておりませんし、どなたでも上部頚椎の一箇所のみの矯正での対応になります。

例えば、辛い腰痛を抱えてご来院されても、上部頚椎の一箇所を矯正するのみの施術になります。

ただし、その上部頚椎の矯正は、滞りのない脳からの神経伝達が全身を修復する結果へと導く総合診療であり、本来の健康を取り戻すきっかけとなります。

矯正後の上部頸椎の状態を維持管理することにより体調が整い、その過程に様々な辛い自覚症状や病状が改善されてまいります。

対症療法は、医師や施術者の学んだ知識や技術を患者さんの生体に押し付けているだけにしか過ぎず、副作用の心配もありますし、真の修復とは違う方向へ進んでいくだけです。

このサイトでは、顎のいたみ改善を主体に述べておりますが、上部頚椎矯正は全身が対応となる施術で、体の各部位から脳への情報伝達、そして脳から全身への指令が十全に行われることで全身の機能が正常に働くようになり、体の不調である病気や辛い症状も改善されてまいります。

人間の体は自然に修復されるようにできているわけですから、上部頚椎の矯正により体全身の機能が蘇り、体調が回復してゆくにつれて体のゆがみも正されてゆくことになります。

自然修復の現象は対症療法とは逆に、傷が修復してゆくのと同様で意識では捉え難いかたちですから、体のゆがみ改善される様子を目で見比べたり、体のゆがみが改善されてゆくほどに関節の可動域も拡がり、体の柔軟度も増してゆくなどの動作の差によって、体のゆがみの施術前と後の差を確認していただくことで快方に向かっていることの確信を得ることができます。

ただし、上部頚椎の矯正の真の目的は体調を整えて本来の健康を取り戻すことにあり、体のゆがみ矯正は付随するものにしか過ぎませんし、体調が整うごとに体のゆがみが改善されるという法則を実現しているだけです。

上部頸椎施術は体調不良から脱却するよう促します。


上部頸椎の治療原理を表しています。


脳神経の一部と自律神経の詳細です。