■ 頬杖は顎関節症の原因になります。

ふだんの何気ないほおづえや唇を噛みしめたりするくせが、顎ずれの原因となって顎関節症になることがあります。顎や歯に関連するそれら不自然なくせを「態癖」と呼びます。

「態癖の中で一番の顎関節症の原因になりやすいのは上下の歯を接触させるくせだ」という研究結果が出ています。

噛んだり会話する間に上下の歯が接触するだけで、それ以外は口を閉じている時でも少し離れているのが正常なのです。

上下の歯が接触している時間は、1日あたり20分程度が自然な姿なのです。

上下の歯が合わさっている間は、口を閉じる筋肉は働き続けて緊張が続き、顎関節や顎の筋肉に痛みが出てしまうのです。


■ 顎関節症原因になりやすい日常生活のくせ

◇ 舌で歯を押す

◇ 頬づえや肘枕

◇日頃から頻繁に固いものやガム噛む

◇ 片方の歯だけで噛む(片噛み)

歯を食いしばる

◇ 睡眠中の歯ぎしり

◇ 頻繁に耳掃除をする

◇ ピアスをしている


上部頚椎の矯正後に、顔のゆがみが取れて唇の傾きも良くなり、
あごが痛い」、
口が開かない」、
あごがカクカク鳴る
などの顎関節症の症状が早期に軽減される方がいらっしゃいます。

しかしその中でも、次回のご来院の時にはまた唇のゆがみが出て、顎関節症の症状が少し戻ってしまうという方が時々見受けられます。

やはりこのような場合は、態癖の悪影響が出て顎関節に負担をかけているのが原因であり、一番多いのが唇を噛む癖です。

例えば、1時間に10回唇を噛むと1日では100回を越す回数ですから、大きな刺激を与え続けているのですから、当然また唇はゆがんでしまいます。

このような癖は、意識して減らしてゆくしかありません。
また、顎関節症は、口腔乾乾燥症も伴いやすく、唇が渇くために舐めるくせがついてしまうことがあり、注意が必要です。

顎関節症の原因と顎 矯正 | 整体 トップへ戻る →

態癖の頬杖を直すことにより、顎関節症が緩和されます。

 
     
 
口を開けた頭蓋骨
下顎のゆがみ矯正前
下顎のゆがみ矯正後

※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。

赤色で描いた側頭筋
顎関節の開口障害と痛みのポイント