■ 唾液成分と唾液分泌を悪くする顎のずれ

顎関節症による顎ずれが唾液腺を圧迫します。
これで、口内環境が悪化して唾液分泌異常になり、唾液の質と量の異常を招いて口の渇き(口内乾燥症、ドライマウス)などを招いてしまいます。

唾液腺の多くは、顎関節や唇の周囲に存在します。

消化吸収の要である唾液腺は、3つの大唾液腺の耳下腺・顎下腺・舌下腺、5つの小唾液腺である口唇腺・頬腺・舌腺・口蓋腺・洗浄腺の合計8種類で、成人で1日あたり1~1.5リットルの唾液を分泌すると言われています。

これは1日あたりのお小水の量とほぼ同じくらいです。
これが滞ったり出過ぎたりすると快食・快便の妨げになります。

唾液の成分分泌異常があると、飲食物からの滋養の吸収もうまくいかず、体調不良を引き起こす一つの原因になります。

消化吸収第一歩のからのつまずきとなり、唾液の消化酵素による飲食物の分解が不完全なかたちになるからです。

まず胃腸に余分な消化のための負担をかけて消化吸収のメカニズムをくるわせてしまうことで、ひいては内臓疾患にも結びつき胃痛や便秘症、肌荒れむくみに結びつきます。


◎ 唾液に含まれる、主な分泌物質

◇ アミラ-ゼ・・・・澱粉(デンプン)を体内に吸収しやくする分解消化酵素

◇ リパ-ゼ・・・・・脂質の分解消化酵素

◇ プチアリン・・・・糖の分解消化酵素

◇ パロチン・・・・・老化を防止するホルモン

◇ ムチン・・・・・・粘り気のある食物を嚥下(えんげ)しやすくする高分子糖蛋白

◇ アルプミン・・・・口内乾燥を防ぎ、口の中を滑らかにする血漿蛋白(けっしょうたんぱく)

◇ リゾチ-ム・・・・抗菌作用の働きがある蛋白

◇ ラクトフェリン・・抗菌作用の働きがある物質

◇ ペルオキシダ-ゼ・活性酸素の除去作用する酵素(がん予防でも注目)


★ 自律神経による唾液成分分泌コントロール

※ 唾液分泌は、自律神経の副交感神経と交感神経のバランスで分泌をコントロールしています。

交感神経優位では粘った唾液が、
副交感神経が優位では、さらっとした唾液が多く分泌されます。

正常な唾液分泌と成分は、生きていく上で必要不可欠なもので、なおかつ体調維持と健康管理においても、重要なウェイトを占めていることを認識する必要があります。

食物を噛み砕く咀嚼運動は、口の中に入った食物を噛みながら唾液と混ぜ合わせて食道から胃へと運ぶための筋肉の協調運動です。

顎関節症は、顎・舌・顔面の筋肉によるリズミカルな咀嚼運動をも妨害してしまいます。


◎ 顎関節症と一緒に現れる症状

耳の異常(耳の痛み・難聴・耳鳴り・耳管閉塞症・耳管開放症)

平衡感覚異常(めまい・立ちくらみ)

頭痛偏頭痛

肩こり肩関節痛

腰痛

股関節痛

膝の痛み

※ 顎関節・肩関節・股関節は、同時期に連動して位置異常を来しますので、肩関節痛や股関節痛あるいは膝関節痛と 顎関節症は併発しやすいのです。

唾液成分 唾液分泌と顎関節症 | 整体 トップへ戻る →

顎ずれ顎関節症は、唾液分泌異常を引き起こします。

 
     
 
下顎のゆがみ治療前
下顎のゆがみ治療後

※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。