■ 顎ずれがドライマウス 口の渇き 口内乾燥症原因

顎関節症は、顎のずれにより顎関節周囲の唾液腺を圧迫しています。
これが原因になり、唾液の分泌と成分異常を起こします。

唾液不足に陥っていると、口の渇きであるドライマウス(口腔乾燥症)に悩むことになります。

成人の場合ですと、1日に1.5リットルの唾液を分泌すると言われています。
これは1日に出るお小水の量とほぼ同じくらい多くの量です。
唾液の分泌に異常があると、口の渇き(ドライマウス)に苦しんだり、唇の渇きや唇の荒れに悩む原因になります。

そればかりでなく、消化液の唾液が滞ったり出すぎたりすると快食・快便の妨げになります。
滋養の吸収もスムースに行かず体調不良を引き起こしてしまいます。


★ 8種類の唾液腺

唾液の量と質ともにバランスを保てていなければなりません。
8種類の唾液腺がバランス良くミックスされて、正常に働いてこそ健康な食生活を維持できるのです。

それは、大唾液腺である耳下腺・顎下腺・舌下腺の3つと
小唾液腺の口唇腺・頬腺・舌腺および口蓋腺・洗浄腺のつ
合計8種類です。

唾液に含まれる主な分泌物質です。
(1) アミラ-ゼ・・・澱粉(デンプン)を分解する消化酵素
(2) リパ-ゼ・・・・脂質を分解する消化酵素
(3) プチアリン・・・糖を分解する消化酵素
(4) パロチン・・・・老化防止ホルモン
(5) ムチン・・・・・粘り気のある食べ物を嚥下(えんげ)しやすくする蛋白
(6) アルプミン・・・口の中を滑らかにして乾燥を防ぐ血漿蛋白(けっしょうたんぱく)
(7) リゾチ-ム・・・抗菌作用のある蛋白
(8) ラクトフェリン・・抗菌作用のある物質
(9) ペルオキシダ-ゼ・活性酸素を除去する酵素

顎がずれると、唾液の分泌と成分がバランスを保てなくなり、胃腸にも負担をかけて内臓疾患へとつながってしまうことになります。


★ ドライマウスの原因、顎のずれが唾液腺を圧迫

これらの8種類の唾液腺は、顎関節と口の周囲に存在しています。
唇がゆがんでいると、唾液腺が正常には働いていないと考えるべきです。

顎のずれによる噛合わせ異常からの食いしばるくせが顎に負担をかけます。歯ぎしりや噛みしめなどの噛みぐせの原因にもなります。

顎がゆがみ、唾液の分泌が正常ではなくなると、ドライマウスである口の渇き(口腔乾燥症)の原因になります。

口の中に食べ物が入った瞬間から始まっている、消化吸収のバランスが崩れます。

胃腸にも負担をかけて、その連鎖で様々な体調不良の悪循環に陥ってしまいます。

◎ 味覚異常(味音痴)の原因にもなる、唾液不足

味を感じる味物質は唾液に溶けることで、舌などにある味細胞の味蕾(みらい)に届き、その情報が脳に伝えられて味を感じています。

唾液不足になっていると、味物質が溶けにくくなることで味蕾に届きにくくなり、味を感じにくくなる味覚異常(味音痴)が起きます。


★ 唾液不足は、口臭や虫歯の原因になります。

殺菌作用がある唾液が不足するとと、口の中に様々な細菌が住みつきやすくなり、口臭や虫歯を招きやすくなります。

唾液の分泌を促進するためにはよく噛むことも大切で、また、噛まないと満腹中枢への刺激が低下して、食べ過ぎの原因にもなります。

むくみも唾液の分泌異常から消化吸収のメカニズムがくるった結果であり、その大元は顎のずれなのです。

その他、鼻づまりによる口呼吸、風邪薬や鎮痛剤も口腔乾燥症の原因になることもあります。


◆ 唾液分泌を抑える医薬品

◇ 抗うつ薬          トリプタノール、トフラニール

◇ 抗パーキンソン薬   アーテン、アキネトン

◇ 抗ヒスタミン薬      レスタミンコーワ、ポララミン

◇ 尿もれ・頻尿治療薬  バップフォー、デトルシトール、ベシケア

◇ 消化管運動抑制薬   ブスコパン、チアトン

ドライマウスの陰に病気が隠れていることがあり、涙が出にくいようなことも伴っていれば「シェーグレン症候群」の可能性もあります。

糖尿病の特徴として口の渇きがありますが、顎関節のゆがみからの唾液不足も伴っているかも知れません。

口の渇きなどの口内環境の改善する方法 !

 
     
 
下あごのゆがみ治療前
下あごのゆがみ治療後

※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。

唾液を分泌する、唾液腺