■ 顔のゆがみ 顔筋肉表情筋こわばりと顎関節症

15種23個の骨の集合体である頭蓋骨のゆがみに比例して顎もゆがみが増してまいりますから、顎関節症の修復は頭蓋骨のゆがみを矯正することが一番の近道になります。

すなわち 顎関節症が重症になっているほど、顔のゆがみやこわばりも増して、特に唇のゆがみには顎関節状態がはっきり表れます。

上下の唇が顔の正中線より左右にズレていたり、唇の先端である口角が上がったり下がったりしているのは顎関節の位置が正常ではなくなってしまっていることを表しています。

人中の傾きやほうれい線の深さと角度・左右の差、頬の幅の差などに顎のゆがみが表れます。

15種23個の骨の集合体である頭蓋骨の表面に出ている8個の骨のゆがみの状態によって顔のゆがみ方も変わってまいります。

頭蓋骨全体が曲がっていると、顎のゆがみはその一部分ですから、顎が歪んでいる方は、口が歪んでいる以外にも眼の大きさが違っていたり鼻が曲がっていたりと他の部分にも顔のゆがみは出ているはずです。

左右の耳の穴のすぐ近く(耳の穴の前方)に顎関節症がありますから、そのあたりに人差し指と中指を軽く触れて、顎の関節の動きの左右差をチェックしてみて下さい。

開くタイミング・閉じるタイミング、動く距離、外へ膨らむ感じの左右差を感じ取って下さい。( 反対咬合[受け口]の場合は、顎関節の動きを手に感じ難いかも知れません)

下顎骨は他の頭蓋骨とは違って縫合による接合ではなく、筋肉によってぶら下がるようなかたちで他の頭蓋骨の骨とつながっていますが、これは食べ物を咀嚼(そしゃく)したり話をしたりと極めて複雑で自由な動きに対応し得るためです。

食いちぎる・噛み砕く・磨り潰すというような食べ物の種類や硬さに応じた顎の動きをする咀嚼運動は、顎と舌と顔面の筋肉の協調運動であると言えますが、頭蓋骨のゆがみのない状態が顎と舌と顔面の筋肉の協調運動をスムースにさせるのです。

顔の歪みがあると顔のこわばりもあるでしょうし、顔面の筋肉が働く咀嚼に対する円滑な協調運動をも顔のゆがみにより妨げることになってしまいます。

顎関節症を発症している場合は顎の関節のみならず頭蓋骨全体の正常化が必要になるのです。

ほかにも、食いしばるくせは顎に負担をかけてしまいますし、顎関節のゆがみは噛合わせにも異常を来して噛みしめるくせや歯ぎしりなどの噛みぐせを招くのです。

また、目の奥の蝶形骨という頭蓋骨の中央にある骨がゆがんでいると、片方の目が出っ張っている眼球突出になります。

まぶたのたるみによる左右の眼の大きさの違いがある場合や、眼輪筋や上眼瞼挙筋の衰えによるスッキリとした目元ではないちりめんシワがある場合は、まぶたが下がっている眼瞼下垂の状態です。

十全治療院での顎関節症に対する施術方法は、上部頸椎の一箇所を矯正して脊髄神経の圧迫を取り除くのみの方法です。

その結果、脳からの的確な指令により15種23個の骨の集合体である頭蓋骨のゆがみと顎関節の位置も自然に正されて、目元しわたるみ・口元たるみ矯正頬骨 引っ込めるなどの顎・顔面矯正になります。 

対症療法は、医師や施術者の学んだ知識を患者さんの生体に押し付けているだけで、真の顎関節症の救済には至らないことでしょう。

顔のゆがみと顎関節症 | 整体 トップへ戻る →

眉間にくっきりあった縦ジワの改善も促されます。

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

 
   
     
 
下顎のゆがみ治療前
下顎のゆがみ治療後

※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を
保証するものではありません。