■ 顎関節症の兆候

 
 
 

物を食べたり、話をしたりする時に動かすのが顎関節であり、顎関節症の症状がある場合は、口が開きにくい・あごが痛い・あごがカクカクする・あごがジャリジャリと音がするなどといったことが起こります。

これらは、15種23個の骨の集合体である頭蓋骨のゆがみが原因であり、顎関節症は、その一部分として発生している顎関節の位置異常から発症しているのです。

上部頚椎の矯正により、頭のゆがみが自然に矯正されますから、顎関節の位置も脳からの指令により正しい位置に導かれます。顔のゆがみの症例写真を参照していただければ、唇の位置が正されているのを確認していただけるのですが、唇が正しい位置に移動したということは、顎のずれが改善されたということを示しているのです。

顎関節の先端が耳の穴の少し前にある関係から、あごがゆがんでいると滑らかな動きではなくなり、カクカクと音がしたり、口が開きにくくなったり、あごがいたくなったりするのです。

あごのクッションの役割をしている関節円板のズレや変形により顎関節の骨が引っ掛かかることでカクカクという音が出ます。

口の開閉の動きは左右と上下に下あごが動くことで成り立っていて、下あごと上あごをつないでいるところが顎関節なのです。

しゃべったり食事をしたりなどあごが動く時に、下あごの上端部の下顎頭が回転して関節円板と一緒に前後に動くのが、顎関節の動きのしくみなのです。

関節円板は、下顎と上顎が押し合う圧力を分散しながら吸収するクッションの役目を果たしています。

ほとんどの顎関節症は頭のゆがみが原因で、正しく頭蓋骨矯正が行われれば顎関節も定位置に収まり、顎関節症の症状は改善されるのです。

頭痛や肩こりなどに悩まされている方は、体のゆがみもあり頭蓋骨のゆがみも伴っていますから、顎関節症の予備軍と申し上げても過言ではないでしょう。

◆ こんな症状があれば、顎関節症の疑いがあります。

◇ あごの痛み 口を開ける時や食べ物を噛む時

◇ 口が大きく開かない(開口障害)  指の幅で3つ分あれば正常

◇ あごがカクカクと鳴る(顎関節雑音)

◇ 噛み合わせの違和感がある 上下の歯の合わさり方のズレ

◆ 顎関節症に付随して現れやすい症状

耳周辺の痛み、難聴、耳が詰まる、耳鳴り、めまい 平衡感覚異常

頭痛偏頭痛 舌の痛み 味覚異常

首筋のこり肩こり腰痛

股関節痛膝の痛み

顔のゆがみ

唾液分泌異常、口の渇き(口内乾燥症)

むくみ 肌荒れ

消化器系疾患(胃痛、便秘症など)

顎関節症の症状セルフチェック | 整体 トップへ戻る →

上部頸椎の矯正が顎関節症の対策になります。

 
 
 
     
 
下顎のゆがみ治療前
下顎のゆがみ治療後

※ 個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。

三叉神経と顎関節の周囲にある、耳下腺